切迫早産/逆子治療なら名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

切迫早産とは

早産とは妊娠22週以降から満37週未満の出産をいい、切迫早産とは早産時期において分娩に至る危険性が高まっている状態をいいます。
切迫早産を疑う症状として頻回で規則的な子宮収縮、陣痛様の疼痛、破水や不正性器出血などがある場合です。

 

切迫早産と診断されれば入院安静で、子宮収縮抑制剤を投与します。
また、状況に応じて前期破水などには抗生剤、胎児肺成熟を促すための副腎皮質ホルモンを投与します。

成 因

早産の成因はいろいろありますが、大きくは母体側・胎児側とに分けられます。

母体側の原因

胎児側の原因

●子宮頚管無力症

●子宮の異常(奇形、筋腫)
●妊娠高血圧症候群
●妊娠中毒症
●心臓血管疾患
●尿路感染症
●腎炎
●糖尿病     など

●前・早期破水

●多胎妊娠
●前置胎盤
●羊水過多症、減少
●胎盤早期剥離
●胎盤機能不全
●奇形児     など

最近では絨毛膜羊膜炎の関与も注目されています。

鍼灸での働きかけ

切迫早産になった場合、前述のとおり入院安静が必要なため基本的には鍼灸治療は対象とはなりません。
しかし、切迫早産および早産しやすい体質の妊婦さんは鍼灸で治療していくことができます。

 

早産体質の方は“腎臓の弱り体質”を潜在的に持っています。
※東洋医学における腎臓とは子宮・卵巣・胎盤のはたらきも含んでおり、妊娠を安定して健康的に維持させる安産力の基になります。

 

この体質に気づかないまま、さらに母体に疲労・ストレス・冷えといった負担をかける妊娠生活を過ごしてしまうと、切迫早産の危険性が高くなります。(実際多くみられます。)
早めの体質改善を心がけましょう。

逆子治療・安産大学/名古屋市千種区のグラース